【ヒロアカ】荼毘は死亡確定?正体は?僕のヒーローアカデミア-【え、死亡】荼毘の正体は?死亡したのか?

「僕のヒーローアカデミア」でヴィランの最強幹部、荼毘!

圧倒的なヒール姿が好きと言う人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな荼毘が死亡しているのか?についてまとめました!

この記事はこちらの人におすすめです
■「僕のヒーローアカデミア」が大好きな人

■荼毘が死亡してるか気になる人

【僕のヒーローアカデミア】荼毘は死亡した?

「僕のヒーローアカデミア」コミックより

結論、荼毘は死亡してません

荼毘では39巻の388話でエンデヴァーとの戦いで死にそうになります!

しかし、家族の助けもありギリギリ命を取り留めています

ぼっち
ぼっち

最終章は荼毘やエンデヴァー含め多くのキャラが瀕死になる衝撃的な展開ね

▼僕のヒーローアカデミアをまとめ買いするならこちら記事がおすすめ

【荼毘】死亡寸前シーン

荼毘はエンデヴァーとの戦いで燃えつきそうになり死亡寸前となりました

ワープしてエンデヴァーと戦闘

「僕のヒーローアカデミア」コミックより

荼毘は最終決戦でワープしてエンデヴァーと戦闘になりました!

既にエンデヴァーはオールフォーワンと戦闘しておりボロボロの姿でした

しかし、荼毘もショートと戦っており瀕死寸前です

火力勝負

「僕のヒーローアカデミア」コミックより

荼毘とエンデヴァーはお互いに火力出し合い勝負になりました

荼毘もエンデヴァーもこの時点では自分の死を覚悟します!

しかし、荼毘は覚醒し冷却能力が見え始めます、、

家族の助けと勝利

「僕のヒーローアカデミア」コミックより

最終的には轟家の家族の支えもあり二人とも生き延びます

まず、助けに入ったのが荼毘の母の氷叢(ひむら)冷です

続けて兄弟たちも冷やす助けに入り、最後はショートが間に合い二人は冷却され生き残ります

「僕のヒーローアカデミア」コミックより

荼毘は瀕死寸前になり冷却能力が発現しました

しかし、本人には自覚はなく、死ぬ寸前まで燃え上がてます!

この能力は火事場の馬鹿力なので、日常から使えるわけではありません

【ヒロアカ】荼毘の正体は?

「僕のヒーローアカデミア」コミックより

ヴィラン名:荼毘
本名:轟燈矢
個性:蒼炎
所属:超常解放戦線
誕生日:1/18

荼毘の基本ステータスは上記の通りです!

謎に包まれた荼毘でしたが、正体はエンデヴァーの死んだはずの息子でショートの兄でした

荼毘は子供のころ自身の能力に焼き尽くされ死亡したと思われていました!

しかし、ギリギリ生きておりヴィラン連合に加入しています

【ヒロアカ】荼毘に関する口コミ

荼毘はX(旧twitter)上では「カッコいい」や「なんだかんだ嫌いになれない」と言った口コミが多くありました!
荼毘はリアルな口コミはカッコいいという意見が多くありました!

「僕のヒーローアカデミア」好きにおすすめの漫画 TOP3

第1位 ダンダダン

「ダンダダン」コミックより

<面白いポイント>
■幽霊 vs 宇宙人 vs 高校生の多ジャンルが混ざったバトルが面白い
■バトルが爽快で読みやすい!絵も絶妙で怖くて緊張感がある
■ギャルとオタクの会話が面白い!コメディとしても優れている

第2位 サカモトデイズ

「サカモトデイズ」コミックより

<面白いポイント>
■懸賞金をかけられた元殺し屋の日常とバトルが正統派で面白い
■最強キャラやイケメンキャラ、お笑いキャラなど個性があるキャラが好き
■謎の男(X)に迫るストーリー展開が熱い

第3位 メイドインアビス

「メイドインアビス」コミックより

<面白いポイント>
■「アビス」と呼ばれる大ダンジョンを行く子供の冒険ファンタジー
■ときにグロい!リアルな冒険がワクワクする
■設定が細かく、ダンジョンの呪いや生物たちが緊張感を生む

まずは1巻読もう!

僕のヒーローアカデミアはストーリー展開が面白いバトル漫画です

まずは1巻読んでみましょう

1巻の値段は下記でまとめています

「僕のヒーローアカデミア」を楽しむ場合はDMMブックスがおすすめです

上記は初回限定のクーポンキャンペーンを適用した値段です!

クーポンキャンペーンは終了する可能性があるので「僕のヒーローアカデミア」を楽しむなら今がおすすめです!

僕のヒーローアカデミアの死亡キャラ

僕のヒーローアカデミアは最終章に突入し死亡キャラも増えてきました!

誰が死んで誰が生きているのか整理したい人はこちらの記事をご覧ください

まとめ

以上、「僕のヒーローアカデミア」の荼毘の死亡が確定しているのかについてまとめました!

荼毘は死亡していません。

ぼっち
ぼっち

生きている可能性がゼロじゃないだけでも救いよ!

タイトルとURLをコピーしました