【鬼滅の刃】伊黒小芭内は死亡確定?甘露寺と結婚?-鬼滅の刃の伊黒小芭内はいつ死亡したのか?

鬼滅の刃で蛇柱、伊黒小芭内(いぐろ おばない)!

最終章での活躍が凄すぎますよね(甘露寺さんと仲良くなれて良かった)

今回はそんな伊黒小芭内(いぐろ おばない)の死亡シーンについてまとめました!

この記事はこちらの人におすすめです
■「鬼滅の刃」が大好きな人

■伊黒小芭内(いぐろ おばない)の死亡シーンが気になる人

ぼっち
ぼっち

伊黒小芭内(いぐろ おばない)さん、次世代に継げたの素敵

【鬼滅の刃】伊黒小芭内(いぐろ おばない)の死亡シーン

伊黒小芭内(いぐろ おばない)は鬼舞辻無惨との戦闘で相打ちし死亡しています

鬼舞辻無惨との戦い

「鬼滅の刃」コミックより

伊黒小芭内(いぐろ おばない)は、最終決戦で鬼舞辻無惨と戦っています

炭治郎、富岡義勇、甘露寺、悲鳴嶼、不死川実弥の5人との共闘でしたが次第に押され始めます!

甘露寺の離脱

「鬼滅の刃」コミックより

ラスボス無惨との戦いで押され甘露寺は腕を負傷しました

無惨の攻撃には毒性の血が含まれていたため、甘露寺はこの攻撃により一時戦闘を離脱します

死にそうになった甘露寺は他の鬼殺隊の救助を受けています

視覚を奪われた伊黒

「鬼滅の刃」コミックより

伊黒さんは炭治郎を助ける際に、目を斬られて視覚を失いました

しかし、珠代の毒もあり、無惨を瀕死状態に追い詰めます!

無惨撃破までのラストスパートで甘露寺は復活し戦闘に再び加わっています!

そして炭治郎たち同期組や柱の力で無惨を撃破しました

伊黒と甘露寺の最後

「鬼滅の刃」コミックより

甘露寺は無惨との戦いで消耗し死亡しました

最後は伊黒さんに告白し、二人で生まれ変わったら結婚しようと誓い死亡しました

【鬼滅の刃】伊黒小芭内(いぐろ おばない)の過去は?

「鬼滅の刃」コミックより

伊黒小芭内(いぐろ おばない)は蛇のような女の鬼に育てられてます

伊黒は鬼のエサとして生まれましたが、珍しい目を持って生まれたため成長するまで生かされました!

しかし、伊黒は生き残るために家を抜け出し、当時の炎柱に助けられます

ですが、家を抜けしたことで鬼が起こり親が殺され従妹には嫌われたため、行き場を失い鬼殺隊に入りました

「鬼滅の刃」コミックより

所属:鬼殺隊・蛇柱
呼吸:蛇の呼吸
身長:162 cm
年齢:21歳

伊黒小芭内(いぐろ おばない)の基本ステータスは上記の通りです!

蛇の呼吸を操る蛇柱で、蛇のように曲がった日輪刀を使います

甘露寺さん曰く、性格は暗くネチネチしています

甘露寺と結婚?

「鬼滅の刃」コミックより

伊黒は甘露寺に生まれ変わったら幸せにすると伝えて死亡しました!

最終話の現代での生まれ変わりシーンでは、甘露寺と定食屋を営んでいることがわかります

ぼっち
ぼっち

二人とも幸せそうで嬉しい!

伊黒小芭内に関する口コミ

伊黒小芭内はX(旧twitter)上では「カッコいい」や「甘露寺さんと幸せになってほしい」と言った口コミが多くありました!
伊黒小芭内はリアルな口コミはカッコいいという意見が多くありました!

鬼滅の刃好きにおすすめの漫画 TOP3

第1位 ダンダダン

「ダンダダン」コミックより

<面白いポイント>
■幽霊 vs 宇宙人 vs 高校生の多ジャンルが混ざったバトルが面白い
■バトルが爽快で読みやすい!絵も絶妙で怖くて緊張感がある
■ギャルとオタクの会話が面白い!コメディとしても優れている

第2位 黄泉のツガイ

「黄泉のツガイ」コミックより

<面白いポイント>
■鋼の錬金術師の作者の新作マンガ。ハガレンを超える面白さ
■山奥の村の謎に迫る!双子の少年たちのバトルが熱い
■まるでスタンドのような「ツガイ」と呼ばれるものの爽快バトル

第3位 メイドインアビス

「メイドインアビス」コミックより

<面白いポイント>
■「アビス」と呼ばれる大ダンジョンを行く子供の冒険ファンタジー
■ときにグロい!リアルな冒険がワクワクする
■設定が細かく、ダンジョンの呪いや生物たちが緊張感を生む

まずは1巻読もう!

鬼滅の刃はストーリー展開が面白いバトル漫画です

まずは1巻を読んでみましょう

1巻の値段は下記でまとめています

「鬼滅の刃」を楽しむ場合はDMMブックスがおすすめです

上記は初回限定のクーポンキャンペーンを適用した値段です!

クーポンキャンペーンは終了する可能性があるので「鬼滅の刃」を楽しむなら今がおすすめです!

まとめ

以上、「鬼滅の刃」の伊黒小芭内(いぐろ おばない)の死亡シーンについてまとめました!

伊黒小芭内(いぐろ おばない)は最終決戦で死亡しています!

ぼっち
ぼっち

甘露寺さんも伊黒さんも好きだったから悲しかった

タイトルとURLをコピーしました