【キングダム】呂不韋は死亡確定?最後どうなった?その後は?-キングダム・呂不韋は最後に死亡した?

政のライバルで秦の主要メンバーからはずれた呂不韋!
呂不韋は政権バトル負けた後どうなったの??

という意見を持っている人は多いのではないでしょうか?

本日は上記の人にキングダムの呂不韋が死亡したのかについてまとめました。

<この記事がおすすめな人>
■呂不韋が死亡したのか気になる人

■キングダムの呂不韋がどういう人物なのか気になる人

ぼっち
ぼっち

私、キングダムが大好きなの!
呂不韋の最後がどうなったかきになるわ~

「キングダム」コミックより

結論、呂不韋は死亡しました

60巻で648話で自害しました!

呂不韋は最後は政と和解し、政が中華を統一するのを楽しみにしていました

呂不韋は毒を飲んで自殺して最後を迎えました

反乱の火が匂う河南・呂不韋

「キングダム」コミックより

呂不韋が住まう河南で勢力が拡大し朝廷は危険信号を出します!

呂不韋は冠位の座を失った後、河南にいました

しかし、河南では日に日に勢力が膨れ上がり、朝廷を脅かすほどになりました!

呂不韋との再会

政は呂不韋を説得するために自ら河南に向かいます!

しかし、呂不韋には戦闘の意思はありませんでした、、

呂不韋は嫪アイ反乱により膨れ上がっている政への反乱の徒の依り代になっているだけなのでした!(つまり、呂不韋を説得しても意味がない)

呂不韋の最後

呂不韋は最終的には毒を飲んで自殺しました

政に対して、反乱を意思を鎮めると伝える呂不韋!その言葉を信じで政は宮廷に戻りました

しかし、1か月後に呂不韋が自害したという知らせが届きます!

呂不韋は自らが死ぬことにより部下たちの反乱の意思を止めたのです

地位:秦国の元丞相(→罪人)
功績:歴史書(呂氏春秋)の作成、
武器:なし

呂不韋の基本ステータスは上記の通りです!

呂不韋はもともと7国を旅する商人で愛人を一人秦国に差し出すことで秦の政治家になりました

呂不韋はお金により欲望をコントロールしようと努め、丞相の地位まで出世します

しかし、最終的には加冠の儀で舌戦でも勢力でも政に負け、罪人として河南まで追いやれました

まずは1巻読もう!

「キングダム」はストーリーが面白い歴史漫画です

まずは1巻読んでみましょう

1巻の値段は下記でまとめています

「キングダム」を楽しむ場合はDMMブックスがおすすめです

上記は初回限定のクーポンキャンペーンを適用した値段です!

クーポンキャンペーンは終了する可能性があるので「キングダム」を楽しむなら今がおすすめです!

キングダム好きにおすすめの 漫画TOP3

ここではキングダム好きにおすすめの漫画をまとめました!

モンゴル帝国、満州、未来の日本まで歴史系の戦争マンガは多くのおすすめ作品があります!

キングダムを漫画で読みたい人はこちらの記事がおすすめです

▼「キングダム」をまとめ買いするならこちら記事がおすすめ

第1位 天幕のジャドゥーガル

<面白いポイント>
■13世紀のモンゴル帝国を滅ぼした実話をもとにした女の復讐物語
■実在のモデルがあるので説得力があり、のめり込める
■イスラム社会での奴隷と主人の関係の暖かさやモンゴル帝国の侵略の恐ろしさ!

第2位 日本三國

<面白いポイント>
■3つの国に分かれた日本の統一を目指す戦争マンガ
■弁論が武器の主人公が成り上がる!最高に痛快で面白い
■歴史ではないが、歴史が背景にあるかと思うくらい設定が練り込まれている

第3位 満州アヘンスクワッド

「満州アヘンスクワッド」コミックより

<面白いポイント>
■日本が満州を支配している際の歴史のすべてが刻まれている
■グロいシーンもあるが、麻薬のリアルが描かれていて緊張感があり面白い
■貧乏人の主人公が成り上がる姿が楽しい

戦争マンガが好きな方は下記の記事もおすすめです

まとめ

以上、キングダムの呂不韋が死亡しているのかについてまとめました!

キングダムが好きな人はこちらの記事もご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました